> > ABB、地中・海底送電ケーブルを大電圧化(525kV) 再エネ電力を効率化

ABB、地中・海底送電ケーブルを大電圧化(525kV) 再エネ電力を効率化

記事を保存
ABB、地中・海底送電ケーブルを大電圧化(525kV) 再エネ電力を効率化

ABBグループは、ケーブルの送電可能容量が2倍で、遠隔地の再生可能エネルギーの系統への導入、長距離地点間の相互接続がより遠い地点間で可能となる地中・海底送電ケーブルシステム技術を開発したと発表した。

これは直流送電用架橋ポリエチレン絶縁ケーブルシステムで、世界記録となる525kVの開発、試験に成功した。これにより、再生可能エネルギー設備の効率を改善し、コスト効率を高めることが可能になると説明している。

この新ケーブルは最新の技術革新により、送電容量を1,000MWから2倍以上の約2,600MWへと拡大し、ケーブル長も、送電損失を5%以下に保ちつつ、1,000km以下から1,500km超へとより長い距離への対応を実現した。また、従来の320kVと比べて64%の大電圧化に成功し、当該方式のケーブル技術においては最大電圧となる。

本技術により、送電時損失を低減しつつ、より大量の電力をより長い距離送電することが可能になり、遠隔地で発電がおこなわれる太陽光、風力による再生可能エネルギーの系統接続が現実的なものとなる。具体的には、一組の525kV直流送電用架橋ポリエチレン絶縁ケーブルで、例えば200万世帯の電力に匹敵する電力を、巨大洋上風力発電所から送電することができるという。

この新ケーブルシステムは、海底ケーブル、地中ケーブルに活用することが可能。人口密集地域、動植物や過酷な気候など自然環境への配慮が必要な地域、または沿岸、外海などを経由する送電を効率的に行うために理想的なものとなっている。

※注:英語

この新技術は、投資額、運営コストの低減ももたらす。また、ABBがハイブリッドHVDC遮断機の開発によって、主要技術におけるハードルを取り除くことに成功した、直流グリッドの現実化にも貢献する。

このケーブルシステムは、業界のリーダー、Borealis社と共同開発した新しい架橋ポリエチレン(XLPE)絶縁材を使用したケーブル、ABBが製造したケーブル端末、接続機器からなる。

HVDCケーブルリンクは、大量の電力を長距離で、しかも国境を越えて送電することが求められる、未来の安定的なエネルギーシステム構築のために欠かせない構成要素となる。ABBは、都市部での受電、石油・ガスプラットフォームへの電力供給、海底ケーブルによる送電、再生可能エネルギーの電力系統への統合などの分野で世界各地に実績を持ち、特別高圧ケーブルシステム分野の世界的なリーダーとなっている。ABBは25以上の直流系統、100近い交流系統を設置した実績を有する。

ABBは、スイスに本社を置く重電メーカーで、世界約100カ国で電力およびオートメーション事業を展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.