> > ABB、地中・海底送電ケーブルを大電圧化(525kV) 再エネ電力を効率化

ABB、地中・海底送電ケーブルを大電圧化(525kV) 再エネ電力を効率化

 印刷 記事を保存

ABBグループは、ケーブルの送電可能容量が2倍で、遠隔地の再生可能エネルギーの系統への導入、長距離地点間の相互接続がより遠い地点間で可能となる地中・海底送電ケーブルシステム技術を開発したと発表した。

これは直流送電用架橋ポリエチレン絶縁ケーブルシステムで、世界記録となる525kVの開発、試験に成功した。これにより、再生可能エネルギー設備の効率を改善し、コスト効率を高めることが可能になると説明している。

この新ケーブルは最新の技術革新により、送電容量を1,000MWから2倍以上の約2,600MWへと拡大し、ケーブル長も、送電損失を5%以下に保ちつつ、1,000km以下から1,500km超へとより長い距離への対応を実現した。また、従来の320kVと比べて64%の大電圧化に成功し、当該方式のケーブル技術においては最大電圧となる。

(※全文:1,041文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.