> > 秋田県、水素社会に向け千代田化工と連携 再エネとのベストミックス目指す

秋田県、水素社会に向け千代田化工と連携 再エネとのベストミックス目指す

記事を保存

千代田化工建設(神奈川県)と秋田県は、低炭素社会の構築やエネルギー供給源の多様化に大きく貢献する水素社会の実現に向けた取り組みを進め、産業振興など地域活性化を図ることを目的に、連携協定を締結した。

具体的には、再生可能エネルギーの開発と利用を踏まえた水素利用、水素社会を支えるインフラの構築、水素の貯蔵・輸送・エネルギー利用、水素社会を目指した地域の活性化など、水素社会の実現に資する取組に関して連携する。

秋田県は化石燃料である天然ガス、石油の産出県であり、かつ風力、太陽光、地熱やバイオマス等の再生可能エネルギーも豊富に有している。一方で千代田化工は水素の大量貯蔵・輸送技術を有している。両者は、これらを活用してCO2排出をゼロとすることが可能なグリーン水素への取り組みや再生可能エネルギーのベストミックスを目指した取り組みを進めていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.