> > 「農林漁業バイオ燃料法」新たに1件認定 北海道の家畜排せつ物でバイオガス

「農林漁業バイオ燃料法」新たに1件認定 北海道の家畜排せつ物でバイオガス

記事を保存
「農林漁業バイオ燃料法」新たに1件認定 北海道の家畜排せつ物でバイオガス

農林水産省、経済産業省および環境省は、「農林漁業バイオ燃料法」に基づく生産製造連携事業計画について、新たに1件認定した。今回認定された事業は、「北海道十勝管内広尾地区家畜排せつ物バイオガス製造事業」。同法により支援される事業の件数は16件となった。

「北海道十勝管内広尾地区家畜排せつ物バイオガス製造事業」は、北海道広尾郡広尾町で、家畜排せつ物を供給する畜産農家とバイオ燃料製造業者であるアルムシステム清信畜産育成牧場が連携してメタンガスを製造する事業。

家畜排せつ物の供給目標は4,745トン/年であり、これによりメタンガスが218,270Nm3/年製造される見込み。事業の実施期間は平成26年10月1日(予定)~平成31年3月31日。

「農林漁業バイオ燃料法」とは、国産バイオ燃料の生産拡大に向け、農林漁業有機物資源をバイオ燃料の原材料として利用する取組を支援するため、平成20年10月1日に施行された法律。正式名は「農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用を促進するための法律(平成20年法律第45号)」。

農林漁業者とバイオ燃料製造業者が共同で作成し同法の認定を受けた事業計画は、無利子の資金の貸し付けや、債務保証、税の軽減などの支援が受けられる。

【参考】
農林水産省 - 「農林漁業バイオ燃料法に基づく生産製造連携事業計画」の認定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.