> > 大阪府堺市、配水場など市有3施設で「屋根貸し」太陽光発電 公募スタート

大阪府堺市、配水場など市有3施設で「屋根貸し」太陽光発電 公募スタート

記事を保存
大阪府堺市、配水場など市有3施設で「屋根貸し」太陽光発電 公募スタート

候補地のひとつ、浅香山配水場。芝生のように見えるが、地下は配水池になっており、RC造の屋根だ。当然アンカーは使用できない

大阪府堺市は、再生可能エネルギーの普及拡大を図るとともに、災害時等における市有施設の機能の強化、市有施設の有効利用を図るため、市有施設の屋根及び配水池上部において太陽光発電事業を行う事業者の募集を開始した。

対象となる施設は、「環境事業所」(南区赤坂台/630平方メートル/陸屋根)、「クリーンセンター浄化ステーション」(西区草部/800平方メートル/傾斜・陸屋根)、「浅香山配水場」(堺区香ケ丘町/2800平方メートル/配水池上部)。

事業者の応募資格要件は、大阪府内に本社、本店または事業所を置く法人であること等。事業期間は太陽光発電設備の設置に要する期間、売電期間、撤去及び原状回復に要する期間とし、売電期間は20年以内。売電期間中の使用料は有償とし、施設ごとに規定の計算式により決定する。

選定方法は公募型プロポーザル方式。10月14日~10月31日に提案書を受け付ける。11月に審査を行い、11月中旬以降に事業者を決定する。設置工事は12月以降。

公募に伴い、施設見学を実施する。「環境事業所」は9月24日、「クリーンセンター浄化ステーション」は9月25日、「浅香山配水場」は9月26日。見学希望者は、見学日の前日までに申し込みが必要。また、10月1日まで参考図書の閲覧も可能。閲覧希望者は、事前に申し込みが必要。

堺市では、平成25年11月に「堺市地域エネルギー施策方針」を策定し、市民生活の安全・安心、安定的な企業活動の確保、エネルギー利用効率の高いまちづくりの実現に向け、再生可能エネルギーの一層の普及拡大を図る取り組みを推進している。

【参考】
堺市 - 堺市市有施設の「屋根貸し」による太陽光発電事業に係る公募

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.