> > 北海道電力、冬に備えてアグリゲータ事業者・需要抑制事業プランを募集

北海道電力、冬に備えてアグリゲータ事業者・需要抑制事業プランを募集

記事を保存
北海道電力、冬に備えてアグリゲータ事業者・需要抑制事業プランを募集

北海道電力は、今冬の電力需給に万全を期すため、需給ひっ迫時の電力需要抑制に関する委託契約を締結する「アグリゲータ事業者」と、平時のピーク需要抑制などに寄与する「需要抑制事業プラン」の募集を開始した。募集期間はいずれも10月3日まで。

「アグリゲータ事業者」の募集内容

アグリゲータ事業者と北海道電力の間で事前に委託契約を締結し、同社管内で需給のひっ迫が予想される際に、同社からアグリゲータ事業者へ電力需要の抑制(負荷調整)を依頼し、調整対象の顧客(アグリゲータ事業者がエネルギーの使用状況等を管理する中小ビル等の需要家)に電力需要の抑制を実施してもらうことで、需給バランスの改善を図る。

応募対象者は、BEMS等のエネルギー管理システムを顧客に設置しており、顧客ごとの電力使用状況を管理できること等の要件を全て満たすアグリゲータ事業者。委託契約期間は平成26年12月1日~平成27年3月31日。募集結果は、契約を締結するアグリゲータ事業者に10月末に通知する予定。

「需要抑制事業プラン」の募集内容

需要抑制事業プランのイメージ図

需要抑制事業プランのイメージ図
(※画像クリックで拡大)

応募者がすでに取り組んでいる事業や今後実現性の高い事業プランで、以下の要件を全て満たす提案を募集する。

事業プランの要件

  1. 北海道内における事業プランであること。
  2. 後述の委託契約期間に需要抑制効果(kW)が現れる事業プランであること。
  3. 原則として、50kW以上(複数の調整対象となる顧客を取りまとめた合計)の需要抑制効果を確保できるプランであること。

選考により採用となった事業プランは、応募事業者等と委託契約を締結し、今冬における平時の需要抑制(昼間・夜間を通じてのピークカット)または需給ひっ迫時の需要抑制を行う。

応募対象者は要件を全て満たす事業者等(共同応募、個人事業主も可能)。委託契約期間は平成26年12月1日~平成27年3月31日の予定。採用結果は応募者へ10月31日を目途に通知する予定。

北海道電力は、同社の原子力発電所「泊発電所」の再稼働に向けて、原子力規制委員会による審査への対応や安全対策工事に全力で取り組んでいるが、現在のところ今冬における再稼働は見込めず、昨冬同様の厳しい需給状況が想定される。

同社は、今冬の電力需給に万全を期す観点から、高稼働を続けている火力発電設備の点検・補修を可能な限り秋季に実施するとともに、大口の顧客などとの事前協議や検討の上で相応の期間が必要な取り組みとして、今回の募集に加えて、自家用発電機を所有する顧客からの余剰電力の購入、万が一の需給ひっ迫時に備えた需給調整契約への加入のお願いなどを進めていくこととした。

【参考】
北海道電力 - 今冬に向けた「アグリゲータ事業者」および「需要抑制事業プラン」の募集などについて

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.