> > 無線技術で最適制御 ウシオライティングの植物育成用LEDバーユニット

無線技術で最適制御 ウシオライティングの植物育成用LEDバーユニット

記事を保存
無線技術で最適制御 ウシオライティングの植物育成用LEDバーユニット

ウシオライティングは、無線制御による植物育成用LED照明バーユニットを開発し、販売開始する。

現在、植物工場の育成用LED照明は、調光(明るさの調整)や点灯時間のスケジュール制御ができなかったり、有線の制御機器を導入し調整が行われている状況だ。

しかし、植物工場では、さまざまな育成作物は単一の光源では対応できないことや、有線制御では配線や制御盤が複雑なうえ、育成棚ごとの設定に時間やコストがかかるといった問題点があった。

同新製品は、同社の「LED放熱」、「LED素子の実装」、「光学設計」といった技術やノウハウに、ロームの無線技術「EnOcean」を取り入れ製品化した。これにより時間単位の細かな制御が簡単にできる。また、専用アプリケーションも用意されており、PCからの制御が可能だ。複雑な有線の配線と比べ、工事費も削減できる。

なお、同製品は、植物育成に必要とされる基本的な光といわれる赤、青色LEDを組み合わせている。同社では今後、不足部分の波長を補う、白、赤色LEDを組み合わせた製品の発売を、2015年早々に予定するほか、温度や湿度及びCO2を制御する高機能センサーを付加するなど、システムのカスタマイズ化も視野に入れて製品開発を進めている。

画面イメージ

画面イメージ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.