> > 東芝の工場、昔はフロッピー生産 これからはレタスなど年300万株を生産

東芝の工場、昔はフロッピー生産 これからはレタスなど年300万株を生産

記事を保存
東芝の工場、昔はフロッピー生産 これからはレタスなど年300万株を生産

東芝は、神奈川県横須賀市の植物工場東芝クリーンルームファーム横須賀」における野菜の生産を開始した。

同工場は、神奈川県横須賀市にある同社所有の遊休施設を活用した、ほぼ無菌状態の閉鎖型の植物工場。植物育成向けに光の波長を最適化した蛍光灯、均一な温度・湿度の環境を実現する空調機器など同社の最新機器が導入されている。

また、栽培状況を把握するための遠隔監視システム、梱包材などを消毒する除菌システム、半導体事業で培った生産管理技術など同社の技術・ノウハウも活用されている。

同工場で生産される野菜は、菌の侵入を制限したクリーンルームで育成されるため、雑菌による傷みが少なく長期保存が可能。高い鮮度が長期的に求められるカット野菜やサラダ用をターゲットとし、スーパー、コンビニエンスストア、サラダ・惣菜販売店、飲食事業者などを中心に販路を拡大する。年間300万株のリーフレタス、ベビーリーフ、ホウレンソウ、ミズナ、ハーブを生産し、年間3億円の売上を目指す。出荷開始は10月下旬の予定。

同社は、今年度中には海外に新たに大規模な植物工場を建設するとともに、植物工場向けの機器やシステムの販売を開始し、事業拡大を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.