> > 再エネ発電、全て稼働すると各家庭が月225円→935円負担 経産省が試算

再エネ発電、全て稼働すると各家庭が月225円→935円負担 経産省が試算

 印刷 記事を保存

経済産業省は、30日、再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づき、認定を受けた設備が全て運転開始した場合、一般家庭で負担する1カ月の電気量は935円になるという試算を発表した。現在運転開始分での負担は225円で、その4倍以上になる。

同省は、30日に開催された総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会で、直近の認定量が全て運転開始した場合の賦課金等について、想定される国民負担の規模感を把握する取組みの一つとして、試算を行った結果を発表した。

(※全文:688文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.