> > ハンファQセルズ、低圧の産業用太陽光発電システムをパッケージ化

ハンファQセルズ、低圧の産業用太陽光発電システムをパッケージ化

記事を保存
ハンファQセルズ、低圧の産業用太陽光発電システムをパッケージ化

ハンファQセルズジャパンは、低圧産業用の地上設置太陽光発電システム「マックスパッケージ」の販売を開始した。

同システムは、年間発電量を最大化することに重点をおき、パワーコンディショナの入力を上回る出力の太陽電池モジュールをパッケージした。日射照度が低いときでも太陽光を無駄なく利用し、発電量をアップする設計だ。場所や方位などの設置環境によっては、日照条件が極めて良い時間帯に太陽電池モジュール出力のピークカットが起こる可能性があるが、このような日は年間でもごくわずかであると想定され、年間を通じた発電量増加分の効果がそれを上回ると見込んでいる。

パッケージの内容は、「太陽電池モジュール」「パワーコンディショナ」「架台」「ケーブル」。太陽電池モジュールは、大型・大容量の産業用太陽電池モジュール(72セル/305W)。パワーコンディショナは、単相5.5kWパワーコンディショナ(4回路接続箱機能付き)、三相9.9kW パワーコンディショナ(マルチ入力機能付き)があり、ニーズに合わせて様々な組み合わせが可能。架台はモジュールのサイズに合わせた専用設計で、容易に組み立てられる。パッケージ化によって、見積り・受注から施工までの流れをスピードアップさせた。

システム保証は10年、モジュール出力保証は25年。損害補償制度(災害補償制度10年、日照補償制度1年)付き。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.