> > 日産とエナリス、電気自動車のバッテリーを使ったデマンドレスポンス実験開始

日産とエナリス、電気自動車のバッテリーを使ったデマンドレスポンス実験開始

記事を保存

日産自動車は、電気自動車「日産リーフ」と電力供給システム「LEAF to Home」を活用したエネルギーマネジメントの実証実験を、2014年10月より開始したと発表した。

同実験は、神奈川日産自動車の店舗で、「日産リーフ」とEVから建物に直接電力を供給するV2H(Vehicle to Home)サービス、「LEAF to Home」を用いて、エネルギーマネジメントにおけるEVバッテリーの有効性を検証するもの。エナリスのインセンティブ型デマンドレスポンス実証実験に、日産が参加することで実施される。

実験では、V2Hを活用したピークカットの有用性、および、インセンティブ(報酬)による経済性の効果・検証・分析が行われる。例えば、営業中に点灯している店舗ショールーム等の照明にV2Hを接続し、節電要請があった際にV2Hから照明に電力を供給することで、系統電力の負荷を低減し、その対価としてインセンティブを受け取るというもの。

実証期間は2014年10月~2015年1月。平日8時から20時の間の3時間、月2~3回の節電要請を受ける予定。

V2H(Vehicle to Home)は、ピークシフトや停電時の対応策として、家電や照明の使用を抑制すること無く、EVからの電力供給で家庭での消費電力を賄うシステム。

デマンドレスポンス(DR)とは、エネルギーの供給状況に応じて、需要側の消費パターンを変化させることで、より効率的な電力システムを構築するための方策である。

具体的には、電力会社の依頼に基づき、アグリゲーター(需要抑制量を電力会社と取引する事業者)が工場や事業所等の需要家に節電要請を行い、その対価としてインセンティブを支払う仕組み。東日本大震災以降、電力のピーク時間帯の需給ひっ迫が顕在化したことにより、注目を集めているシステムである。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.