> > 東芝三菱電産、青森県の国内最大級メガソーラーでパワコン115MW受注

東芝三菱電産、青森県の国内最大級メガソーラーでパワコン115MW受注

記事を保存
東芝三菱電産、青森県の国内最大級メガソーラーでパワコン115MW受注

東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、青森県上北郡六ヶ所村で建設が進められている大規模太陽光発電所向けに、同社の主力機種である500kW機のパワーコンディショナ(PCS)「SOLAR WARETM 500」を受注したと発表した。

今回の受注により、2014年9月までの500kW機の累計受注台数は9,000台を超えた。建設地は鷹架地区(65MW)と千歳平北地区(50MW)の2カ所に分かれており、同社のPCSは65MWプラントに130台、50MWプラントに100台の計230台が設置される。総容量は115MWとなる。

建設中の発電所は、独立系発電業者であるユーラスエナジーホールディングス(東京都)が進めている「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」。設置面積は東京ドーム約50個分で、その規模は国内最大級。一般家庭の約3万8,000世帯相当分の電力を供給する。

完成予想図(千歳平北地区 50MW)
(出典:清水建設株式会社)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.