> > 中部大キャンパス、BEMS・太陽光発電・蓄電池・コジェネ設備でスマート化

中部大キャンパス、BEMS・太陽光発電・蓄電池・コジェネ設備でスマート化

 印刷 記事を保存

中部大学と清水建設は、広域・多棟間でのエネルギー利用の効率化を目的に、中部大学春日井キャンパス(愛知県春日井市)において、全7学部・主要40施設を対象にしたスマート化計画に着手した。

計画では、2016年度中にも全学部のスマート化を実現し、電気使用量が過去最高を記録した2010年度比で契約電力総量を1,110kW(20%)、CO2排出量を3,368t/年(25%)削減する施設運営に取り組む。また、震災等による電力・ガスの途絶時に太陽光発電蓄電池から避難場所の照明、コンセントへ電力供給することで、BCP機能の向上も図る。

同キャンパスの敷地は東京ドーム8個分、約36万平方メートルに及び、総延床面積18万8,000平方メートルの施設群が建設されている。施設群をスマート化する設備は、同社が開発したスマートBEMSをはじめ、太陽光発電230kW、コジェネレーション設備85kW、蓄電池234kWhで、工事費を含めた総投資額は10億円前後を想定している。ただし、環境省からの補助金と節電・省エネ効果により、初期投資を8~10年程度で回収できる見込み。

(※全文:1,349文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.