> > 農地の畦畔に支柱を立てた太陽光発電も「営農型通知」適用 経産省が明確化

農地の畦畔に支柱を立てた太陽光発電も「営農型通知」適用 経産省が明確化

 印刷 記事を保存

経済産業省は、「グレーゾーン解消制度」について、同省所管の再生可能エネルギー分野の企業からの照会に対して、「営農の継続を前提し、農地の畦畔(けいはん)に支柱を立てて太陽光発電設備を設置する場合」の農地転用許可の取扱いについて、回答したと発表した。

事例が増えつつあるソーラーシェアリングについて重要な農地法の第4条においては、農地の転用許可に係る条件等が規定されている。そのうち、農地での営農の継続を前提として、支柱を立てて太陽光発電設備を設置する場合について、農林水産省農村振興局長通知(「営農型通知」、「畦道通知」)で一時転用許可及び再度の一時転用許可の条件等が、規定されている。

今回の回答の内容は下記の通り。

(※全文:1,024文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.