> > 地方に資するFIT価格、風力・地熱のアセス簡易化など 自然エネ協議会が提言

地方に資するFIT価格、風力・地熱のアセス簡易化など 自然エネ協議会が提言

 印刷 記事を保存

ソフトバンクの孫正義社長が事務局を担い、36道府県と約200社が参加する「自然エネルギー協議会」は、7日、第8回総会を行い、政策提言「自然エネルギーによる地方創生に向けて ~接続保留問題を解決し、自然エネルギーの導入加速化へ~」をとりまとめた。

本提言では、一部の電力会社による再エネ発電設備の接続保留問題の迅速かつ抜本的な解決を図り、「地域創生」を推進していくためには、自然エネルギーの導入を加速する具体的な目標設定とともに、系統問題の解決やエネルギーの地産地消、規制改革が急務だとし、対策を求めている5つの対策を柱とする提言は、同協議会の会員から寄せられた支障事例に基づいてまとめた。

(※全文:1,588文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.