> > 再生可能エネルギー接続保留問題の現状と対策セミナー開催

再生可能エネルギー接続保留問題の現状と対策セミナー開催

 印刷 記事を保存

11月20日、TKPガーデンシティ竹橋ホールで、再エネ業界(主に太陽光)のメーカー、販社・施工会社・発電事業主を対象に、環境ビジネス主催「再生可能エネルギー接続保留問題の現状と対策セミナー」が開催された。9月下旬に九州電力が接続保留を発表して以来、太陽光発電ビジネスに不安と困惑が広がる中、12月に発表されるであろう経済産業省のコメントを前に、この問題に対して理解を深め、対策を講じるため、情報を整理、収集しようとする参加者が多く見受けられた。

セミナーは4部構成で、第1部が経済産業省 新エネ課 青木課長補佐を招き「再生可能エネルギーを巡る現状と課題」というテーマで、第2部が環境エネルギー政策研究所(ISEP)理事 松原氏による「接続料金問題の考え方と接続可能性問題」について、第3部では環境ビジネスオンラインのコラムでもお馴染みの関西大学 システム理工学部 准教授 安田氏による「自然エネルギーの導入現状と電力会社の対応」、第4部では立命館大学大学院 客員教授 村沢氏による「保留を回避するための対応策と考え方」について講演を行った。

第1部の経済産業省 新エネ課 青木課長補佐は、固定買取価格制度の導入の経緯について解説した後、現在の再生可能エネルギーの導入状況について説明。九州電力の状況もふまえ、経済産業省で行っているワーキンググループの進捗などについても語った。

(※全文:1,535文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.