> > 2016年版「永続地帯」報告書 71ヶ所の市区町村が再エネで自給自足

2016年版「永続地帯」報告書 71ヶ所の市区町村が再エネで自給自足

 印刷 記事を保存

千葉大学大学院倉阪研究室(千葉県千葉市)と環境エネルギー政策研究所(ISEP/東京都新宿区)は3月31日、日本国内の市区町村別の再生可能エネルギーの供給実態などを把握する「永続地帯」研究の最新結果を公表した。

この研究(報告書)は2005年から開始されているもので、今回11年目の調査結果となる。今回は2016年3月末時点で稼働している再生可能エネルギー設備を把握し、その設備が年間にわたって稼働した場合のエネルギー供給量、電力自給率や食料自給率などを試算した。

結果として、域内の民生・農林水産用エネルギー需要を上回る量の再生可能エネルギーを生み出している市区町村(100%エネルギー永続地帯)は、2016年3月末時点で71市町村だった。なお、2015年3月末時点では61市町村。

(※全文:1,450文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.