> > JPEA、再エネの接続保留問題に見解・要望 「今年中に解除を」

JPEA、再エネの接続保留問題に見解・要望 「今年中に解除を」

 印刷 記事を保存

太陽光発電協会(JPEA)は、現在議論されている九州電力管内をはじめとする再生可能エネルギーの「系統接続制約問題」、それに併行する「固定価格買取制度見直し問題」に関しての見解を発表した。

JPEAは、最長でも2014年12月末を期限に、今回の系統接続に関する「回答保留」状態が解除されると共に、以降の接続受け入れにおける前向きな打開策や見通し(計画)が示されることを要望。

また、変動電源という側面を有している太陽光発電が、安定供給に寄与するためには新たな技術や系統配電インフラの高度化、制御システムの導入が必要とあるし、そのための制度設計やインフラの改革を、現在進められつつある電力システム改革の議論にも取り入れて、推進していくことを求めた。

JPEAとして、国によって設置された「新エネルギー小委員会」及び「系統ワーキンググループ(WG)」を通じて提言を行うなど、実施している取組みについても紹介している。

本見解は6つの柱からなる。まず、1点目として、今回の「回答保留」対応についてコメント。

(※全文:1,325文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.