> > 大阪府の屋根貸し太陽光発電事業、選定ポイントは遠隔監視や地元産業

大阪府の屋根貸し太陽光発電事業、選定ポイントは遠隔監視や地元産業

記事を保存

大阪府は、高校や福祉センターなど府有施設の屋根スペースにおいて太陽光発電システムを導入する屋根貸し事業の実施事業者を決定した。遠隔監視システムの導入、地元大阪産にこだわった設備・材料・施工などを提案した5事業者を最優秀提案者として選定した。

今回選定された事業の概要は以下の通り。

【1】大阪府立北河内地域支援学校・北河内地域高等支援学校(仮称)(枚方市)

最優秀提案者:ライジングコーポレーション(池田市)
 太陽光発電設備容量:約190kW
 使用予定面積:約1,400平方メートル
(使用料見込み:@139円×1,400平方メートル=194,600円/年・税抜)

※遠隔監視システムにより発電状況を監視し、不具合が生じた場合は迅速に対応できる体制の構築を提案した。

【2】大阪府立中河内・南河内地域支援学校(仮称)(羽曳野市)

最優秀提案者:ライジングコーポレーション(池田市)
 太陽光発電設備容量:約410kW
 使用予定面積:約3,500平方メートル
(使用料見込み:@125円×約3,500平方メートル=437,500円/年・税抜)

※遠隔監視システムにより発電状況を監視し、不具合が生じた場合は迅速に対応できる体制の構築を提案した。

【3】大阪府立摂津支援学校(摂津市)

最優秀提案者:浜田ホールディングス(高槻市)
 太陽光発電設備容量:約50kW
 使用予定面積:約400平方メートル
(使用料見込み:@94円×400平方メートル=37,600円/年・税抜)

※学校施設での太陽光パネルの設置工事実績があり、工事中の具体的な安全対策や、遠隔監視システム導入について提案した。

【4】大阪府立貝塚高等学校(貝塚市)

MTEC CORPORATION(大阪市)
 磯部塗装(本社:東京都、大阪支店:大阪市)
 太陽光発電設備容量:約11kW
 使用予定面積:約164平方メートル
(使用料見込み:@94円×164平方メートル=15,416円/年・税抜)

※本事業における設備・材料・施工について地元大阪産にこだわり、また事業の安定に工夫を凝らした提案をした。

【5】大阪府立砂川厚生福祉センター(泉南市)

ハイコム(大阪市)
 太陽光発電設備容量:約50kW
 使用予定面積:約478平方メートル
(使用料見込み:@138円×478平方メートル=65,964円/年・税抜)

※太陽光パネルの設置面積を多く確保して安定的な発電量の確保を図ることや、遠隔監視システム導入について提案した。

【6】大阪府営豊中上津島住宅(豊中市)

永輝商事(本社:東京都、大阪営業所:大阪市)
 太陽光発電設備容量:約46kW
 使用予定面積:約302平方メートル
(使用料見込み:@100円×302平方メートル=30,200円/年・税抜)

※自社で太陽光発電施設の運営・維持管理を行っていることにより蓄積されたノウハウの活用や、遠隔監視システムの導入について提案した。


【1】【5】については、優秀提案者に永輝商事(本社:東京都、大阪営業所:大阪市)が選定された。最優秀提案者が辞退、もしくは内定を取り消された場合に、繰り上げにより事業候補者となる。

なお、この事業は「府有建築物の屋根貸しによる太陽光パネル設置促進事業(第三回)」として実施される。

【参考】
大阪府 - 府有建築物の屋根貸しによる太陽光パネル設置促進事業(第三回)の最優秀提案者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.