> > 四国の一般家庭に約1万台のスマートメーターを先行導入 来年度実証試験

四国の一般家庭に約1万台のスマートメーターを先行導入 来年度実証試験

 印刷 記事を保存

四国電力は、25日、平成26年12月から高松市の一部エリアにおいて、一般家庭など低圧の顧客に対して、約1万台のスマートメーター(次世代電力計)を先行導入し、自動検針システムや業務運営方法の確認・検証作業を行うと発表した。

先行導入する約1万台のスマートメーターは、平成26年12月から平成27年9月の間に設置する。自動検針システムや業務運営方法の確認・検証作業は、平成27年4月より1年程度、実施する予定。具体的な内容としては、30分ごとの電力使用量の計量や遠隔での電気の入切機能などのシステム動作、これらの機能を活用した一連の業務運営、顧客への見える化サービスなどを計画している。

(※全文:994文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.