> > 大阪府の「LED道路照明灯」技術評価制度 今年度の募集スタート

大阪府の「LED道路照明灯」技術評価制度 今年度の募集スタート

記事を保存

大阪府では、平成21年度から実施している「大阪府LED道路照明技術評価制度」の今年度の製品募集を開始した。同制度は、同府がLED道路照明灯について独自の技術評価を行い、一定水準を満たした製品を認定・登録する制度で、認定した製品は府の道路に設置される。

なお同府では、来年度以降、バリアフリー重点整備地区内(バリアフリー新法に基づき市町村が指定する、駅などの施設)の一部歩道にLED歩道照明灯を整備する予定で、本年度からLED道路照明灯に加え、新たにLED歩道照明灯についても募集を実施し、それぞれ製品登録を行う。

同制度の応募対象となるのは、LED照明灯の開発・設計に取り組む国内の企業。対象となる製品の主な条件は、自社開発かつ自社設計した製品(ただしLEDモジュール及び同制御装置単体の開発・設計は除外)であること、道路照明灯(連続照明用と交差点照明用の二種)もしくは歩道照明灯としての性能、経済性、維持管理及び環境負荷削減について優れていることなど。

応募書類の提出期限は平成26年1月27日まで、3月までに書類確認と製品登録が実施され、登録された製品の活用は4月以降となる。

LED(発光ダイオード)道路照明灯は、既存の道路照明灯(水銀灯、ナトリウム灯)に比べ省エネ、長寿命であることから広く普及しつつあるが、製品の信頼性・有用性の把握が課題である。これを受け同府ではLED道路照明灯の技術評価を行い、一定水準以上の技術を有する製品を登録し、発注仕様書に特記することで、技術開発の促進と、良質で低コストで公共サービスを提供することを目的とし、同評価制度を実施している。

なお、本年度の技術要件は昨年度のものと重複することから、製品登録後本年度の発注仕様書には、本年度登録製品とあわせて昨年度認定製品及び平成23年度認定製品が、対象製品として特記される。

【参考】
大阪府 - LED照明灯の技術評価制度に係る製品募集を実施します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.