> > ソフトバンク、あの「空に浮かべる風力発電」に出資 基地局も整備

ソフトバンク、あの「空に浮かべる風力発電」に出資 基地局も整備

記事を保存
ソフトバンク、あの「空に浮かべる風力発電」に出資 基地局も整備

ソフトバンクは、5日、アメリカの風力発電ベンチャー、Altaeros Energies,Inc.(アルタエロス・エナジーズ)へ700万米ドル(約8億4,000万円)を出資すると発表した。Altaeros社の空中浮体式風力発電技術の開発と商用化を支援し、共同で事業を展開する。

Altaeros社の空中浮体式風力発電(Buoyant Airborne Turbine:BAT)技術は、航空宇宙科学分野で証明済みの技術を用いて、従来の風力発電設備で到達する高さよりも強く安定した風を受けることができる高所へ風力発電設備をヘリウムガスで浮上させて発電するもの。

Altaeros社 BAT発電イメージ画像

Altaeros社 BAT発電イメージ画像
画像はAltaeros Energies,Inc.ホームページより

約600m上空で行われるのBAT技術による発電は、従来の同規模タワー型風力発電設備に比べて2倍を超える電力量を発電する。BATの設備は標準的な輸送コンテナでの運搬が可能で、従来の風力発電に必要な建設機材の準備や大規模な基礎工事などを要することなく発電を行うことができる。

BATの柔軟な設置条件による設置数の増加は、主に離島や僻地での発電コストの削減を可能にする。加えて、BATは通信設備を搭載して空中滞留することが可能であるため、通信サービスで使用可能な基地局設備としての用途を兼ね備えている。BATは島しょ部や遠隔地、鉱山、石油や石炭の採掘場、農地、災害時の非常用電源、通信設備などでの幅広い活用が見込まれている。

「Altaeros社による空中浮体式風力発電技術は、高度100m~600mでの発電を行う新しい取り組みであり、日本ならびにアジア太平洋地域の離島や僻地への自然エネルギーによる電力供給のソリューションとなることが期待される。また、通信技術や監視技術との組み合わせによる新規事業の創出にも期待している」とソフトバンクグループ代表の孫正義氏は述べている。

Altaeros社はマサチューセッツ工科大学発のベンチャーで、2010年に世界初の空中浮体式発電設備の商用化を目的に設立された。Altaeros社は風力発電技術の研究開発に対して米国農務省や米国国立科学財団、カリフォルニアエネルギー協議会、メーン工科大学、マサチューセッツ州クリーンエネルギーセンター、クリーンテックイノベーションズ・ニューイングランド、コノコフィリップス・エネルギー賞、アラスカ州エネルギー公社などの出資を受けている。また、Altaeros社はTata Sons前会長のラタン・N・タタ氏が所有するRNTアソシエーションズからも出資を受けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.