> > ソフトバンク、あの「空に浮かべる風力発電」に出資 基地局も整備

ソフトバンク、あの「空に浮かべる風力発電」に出資 基地局も整備

 印刷 記事を保存

ソフトバンクは、5日、アメリカの風力発電ベンチャー、Altaeros Energies,Inc.(アルタエロス・エナジーズ)へ700万米ドル(約8億4,000万円)を出資すると発表した。Altaeros社の空中浮体式風力発電技術の開発と商用化を支援し、共同で事業を展開する。

Altaeros社の空中浮体式風力発電(Buoyant Airborne Turbine:BAT)技術は、航空宇宙科学分野で証明済みの技術を用いて、従来の風力発電設備で到達する高さよりも強く安定した風を受けることができる高所へ風力発電設備をヘリウムガスで浮上させて発電するもの。

(※全文:1,050文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.