> > 栃木県のゴルフ場跡もメガソーラーに 小型分散型パワコン採用でリスク軽減

栃木県のゴルフ場跡もメガソーラーに 小型分散型パワコン採用でリスク軽減

 印刷 記事を保存

タカラレーベン(東京都)、日立造船(大阪府)およびソーラーフロンティア(東京都)は、タカラレーベン所有の旧ゴルフコース(栃木県那須郡)において、大規模太陽光発電所の建設工事を開始した。

同発電所は、特別高圧規模のメガソーラーでは日本国内で初めて小型分散型パワーコンディショナーを採用した。これにより初期投資およびランニングコストの低減を図るとともに、故障時の発電量喪失におけるリスク分散も行う。また、基本的に造成工事を行わない環境にやさしい設備設計を施した。特別高圧受変電設備を栃木県内で生産するなど地域貢献にも配慮している。

同発電所の敷地面積は約40万平方メートル。太陽電池の出力は19.8MW(太陽電池モジュール165W/枚×12万枚)、パワーコンディショナーの出力は15MW(20KW×750台)。

(※全文:940文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.