> > 再エネファンドなど「グリーン投資」 情報開示方法や最新動向のフォーラム開催

再エネファンドなど「グリーン投資」 情報開示方法や最新動向のフォーラム開催

記事を保存

環境省は、再生可能エネルギー事業等のグリーン投資に関する情報開示の在り方について、幅広く意見を聞くため「グリーン投資促進のための情報開示の在り方に関するフォーラム」を1月28日(水)に開催する。

また、本フォーラムでは、グリーン投資に向けた最新の情勢や市場動向について、講演や再エネ事業に関わる実務担当者によるパネルディスカッション等を予定している。グリーン投資、再エネファンドについて関心を持つ人へ参加を呼び掛けている。

環境省では、グリーン投資分野における金融商品に関して、幅広い投資家による投資の促進のために必要な開示情報の在り方について検討をするため、検討会を設置し議論を重ね、11月に「グリーン投資に関する情報開示および評価の在り方について(中間取りまとめ)」を取りまとめている。

本フォーラムは、本検討会における中間取りまとめを踏まえ開催するもの。再エネファンドに関する情報開示の在り方について、今後の検討会での議論の参考とするため、来場者から幅広く意見を募ることを目的としている。

本フォーラムの概要は以下の通り。

日時

2015年1月28日(水) 13:00~17:00(開場:12:30)

場所

TKP東京駅大手町カンファレンスセンター 22階22E会議室(東京都千代田区)

開催内容(予定)

(1)基調講演「グリーン投資に関する世界の動向と今後の展望」

  • 上智大学大学院 地球環境学研究科 教授 藤井良広氏
    (「グリーン投資促進のための情報開示及び評価の在り方に関する検討会」検討委員長)

(2)講演「機関投資家におけるグリーン投資へのニーズと、普及に向けた取組課題」

  • アーク東短オルタナティブ株式会社 代表取締役社長 棚橋俊介氏

(3)『グリーン投資に関する評価と情報開示の在り方について(中間取りまとめ)』について(環境省より説明)

※中間取りまとめは、以下で配布をしている。
 http://www.env.go.jp/policy/kinyu/report_h2611.pdf

(4)パネルディスカッション「再エネファンドへの期待と課題」(仮)

<モデレーター>

  • 上智大学大学院 地球環境学研究科 教授 藤井良広氏

<パネリスト>

  • 三井物産プラントシステム 新エネルギー推進本部長 上野昌章氏
  • アーク東短オルタナティブ 代表取締役社長 棚橋俊介氏
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 投資銀行本部 不動産投資銀行第二部長 土岐好隆氏
  • 三井住友銀行 成長産業クラスター 第二グループ(環境・エネルギー・資源担当) グループ長 馬場賢治氏
  • 日本格付研究所 ストラクチャード・ファイナンス部 プロジェクト&アセットファイナンス室 室長 本多史裕氏
  • 環境省

上記に加えて、質疑応答や中間取りまとめへの意見をもらう時間を予定している。

傍聴

  1. 傍聴可能人数等 100名
  2. 申込

事前申し込みが必要。電子メールにて申し込む。詳細は環境省の本フォーラムの告知サイトを参照のこと。申込締切は2015年1月21日(水)17時。

【参考】
環境省 - グリーン投資促進のための情報開示に関するフォーラムの開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.