> > 新潟県、メガソーラーの候補地情報を更新 ゴルフ場やスキー場など15カ所追加

新潟県、メガソーラーの候補地情報を更新 ゴルフ場やスキー場など15カ所追加

記事を保存

新潟県は、太陽光発電の更なる導入促進を図るため、発電を検討する事業者向けに、民有地等を活用したメガソーラー候補地情報を更新し公表した。

候補地数は15カ所(12月22日時点)。候補地は、砂利採取場跡地(3.7ha)、旧町設スキー場・ゴルフ練習地(3ha)、元ゴルフ場建設予定地(130ha)など。

なお、留意事項として、公表した候補地は太陽光発電事業の可否を保証するものではないこと、また、事業の計画にあたっては、土地所有者の意向を確認するとともに、関係法令に基づく所要の手続きを確認したうえで計画に着手することをあげている。

同県では、これまで、県では全国初となる太陽電池による商業用発電施設(雪国型メガソーラー発電所)の導入等に取り組んできた。太陽光発電の導入促進に向け、平成24年9月に、メガソーラー候補地の提案を受けた結果について、事業者向けに公表。候補地提案一覧については随時更新を行ってきた。今回、事業者と交渉中や事業者決定の候補地、所有者からの申し出のあった候補地を削除して、候補地情報を更新した。

【参考】
新潟県 - 民有地等を活用した大規模な太陽光発電設備設置候補地の提案一覧

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.