> > トヨタ、燃料電池・水素タンク関連の特許実施権を無償提供 水素社会貢献のため

トヨタ、燃料電池・水素タンク関連の特許実施権を無償提供 水素社会貢献のため

記事を保存
トヨタ、燃料電池・水素タンク関連の特許実施権を無償提供 水素社会貢献のため

トヨタは、燃料電池自動車(FCV)の普及に向け、自社が単独で保有している世界で約5,680件もの燃料電池関連の特許(審査継続中を含む)に関する実施権を無償で提供すること発表した。

具体的な特許実施権無償提供の内容は、燃料電池スタック(約1,970件)・高圧水素タンク(約290件)・燃料電池システム制御(約3,350件)など。同社では、FCVの開発・生産の根幹となる燃料電池システム関連の特許に関しては、これらの特許を実施してFCVの製造・販売を行う場合、市場導入初期(2020年末までを想定)の特許実施権を無償にする。水素ステーション関連の特許に関しては、早期普及を目指すため、設置・運営を行う場合の特許実施権を、期間を限定することなく無償で提供するとしている。

2015 Consumer Electronics Show(CES)

2015 Consumer Electronics Show(CES)

これらの対応は、FCVおよび水素ステーションの導入初期段階においては普及を優先し、開発・市場導入を進める自動車メーカーや水素ステーション整備を進めるエネルギー会社などと協調した取り組みが重要であるとの判断に基づくもの。同社では、無償で特許実施権を提供することにより、FCVの普及を後押しし、水素社会の実現に積極的に貢献していきたいとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.