> > トヨタの燃料電池車「MIRAI」、1ヶ月で約1500台受注 官庁・法人が約6割

トヨタの燃料電池車「MIRAI」、1ヶ月で約1500台受注 官庁・法人が約6割

記事を保存
トヨタの燃料電池車「MIRAI」、1ヶ月で約1500台受注 官庁・法人が約6割

トヨタは、新型燃料電池自動車「MIRAI」の受注台数が、2014年12月15日の発売からおよそ1ヶ月で約1,500台(2015年1月14日現在)に達したと発表した。

約1,500台の内訳は、官公庁や法人が約6割、個人の顧客が約4割で、地域別に見ると、東京都、神奈川県、愛知県、福岡県が多い。

同車は水素を空気中の酸素と化学反応させて自らが発電して走行する。走行中の二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであることから究極のエコカーと呼ばれている。また、災害時には移動電源車として活用できる。

また、同車の価格は723万6,000円(税込み)で、政府の購入補助金を利用すると、約520万円で購入できる。一般ユーザーにも手の届く価格設定だ。

同社は当初、2015年末までに約400台の販売目標を見込んでいたが、発売から1ヶ月で既に大幅に販売目標を上回った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.