> > 地域創生なるか、民間資金活用型のESCO事業 金沢工業大学が調査・研究

地域創生なるか、民間資金活用型のESCO事業 金沢工業大学が調査・研究

 印刷 記事を保存

金沢工業大学(石川県/KIT)は、環境エネルギー問題解決をテーマに、民間資金活用型(PFI)の地域ビジネス事業化に関する調査・研究プロジェクトを、コミュニケーションマーケティング企業のマインドシェア(東京都)と共同で開始する。

同大学は、地域連携ビジネスとして、地域の防犯灯や商店街の街路灯のESCO事業によるLED化、その電力量の削減収益による付加価値設備(Wi-Fi、防犯カメラ等)の同時設置事業、ならびに空き家を利用した新しい地域創生ビジネスの市場調査・研究を行う。対象エリアは北陸(石川県、富山県、福井県等)。

(※全文:697字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.