> > 「横浜スタジアム」、ナイター照明がLED投光器に 総消費電力を56%削減

「横浜スタジアム」、ナイター照明がLED投光器に 総消費電力を56%削減

記事を保存
「横浜スタジアム」、ナイター照明がLED投光器に 総消費電力を56%削減

岩崎電気LED投光器(LEDioc FLOOD DUELL)および照明システムが、プロ野球球団「横浜DeNAベイスターズ」のホームグラウンドである「横浜スタジアム」のナイター照明設備に採用された。プロ野球の屋外ナイター照明設備が、全面的にHIDからLED化されるのは日本初。2015年シーズンより導入される。

LEDモジュール寿命は40,000時間(光束維持率85%時)で、既設の1500Wメタルハライドランプ(定格寿命6,000時間)の約6.6倍の長寿命だと言われている。今回の事業では「横浜スタジアム」の既設メタルハライドランプ1500W投光器708台を、効率の高い高演色形LED投光器660台に交換することにより、総消費電力を56%削減することができる。器具数量を減らしながらプロ野球開催に必要な照度を確保し、初期照度補正機能によって設置初期から寿命末期まで設計照度を保つ。

また、プロ野球で必要な空間照度や照度均斉度も向上させ、まぶしさも既存照明より抑えることができる。LED照明ならではの瞬時点灯・瞬時再始動が可能で、調光機能(100%~25%)も組み込んでいるため、イベントなどで照明の活用範囲を広げることも期待される。

他にも、ハイビジョン撮影に対応した平均演色評価数Ra80のLEDを採用し、スーパースロー再生で用いられるハイスピードカメラ撮影時の「ちらつき」も独自の電源回路設計によるフリッカレス点灯で防止できる。

従来までの横浜スタジアムのナイター照明は、メタルハライドランプ1000Wと高圧ナトリウムランプ700Wの混光照明であった。2000年~2001年にハイビジョン対応と照度アップのため、メタルハライドランプ1500Wの高演色形と高効率形に全面的に改修された。

今回のLED投光器の導入で、より高い省エネ性の実現と照明環境の向上を両立することが期待される。プロ野球のナイトゲームは、横浜スタジアムの前身である横浜公園球場(横浜公園平和野球場)で1948年に初めて開催されたもの。日本のナイター照明発祥の地に建つ「横浜スタジアム」での事例により、野球業界の省エネ化が期待される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.