> > サンテックパワー、小規模太陽光発電向けの遠隔監視装置を3月に発売予定

サンテックパワー、小規模太陽光発電向けの遠隔監視装置を3月に発売予定

記事を保存
サンテックパワー、小規模太陽光発電向けの遠隔監視装置を3月に発売予定

サンテックパワージャパンは、小規模産業用太陽光発電システム用のクラウド型モバイル回線付遠隔監視装置「SolarView®Air」を、3月に発売する。

同監視装置は、3G通信回線機能を搭載した計測装置と、クラウドサービスを組合せた遠隔監視システムの一体型パッケージ(外形寸法521×402×201㎜)だ。通信回線工事は不要で手軽に設置でき、インターネットを介してパソコンなどで太陽光発電設備の状態を確認できる。リアルタイムの発電量や、日報、月報ほか、年単位のレポートや、累計の発電量も確認でき、パワーコンディショナーに異常が生じた際のメール通知機能も備える。

SolarView Air 計測用コントロールボックス

コンテック製「SolarView ® Air」製品写真
計測用コントロールボックス

同社は太陽光発電モジュール、パワーコンディショナーほか周辺機器、架台など、小規模産業用太陽光発電システム用の製品を取り扱っており、今回新たに同隔監視システムがラインナップに加わる。また、4月には共産業用太陽光発電モジュールの新製品「STP260-20/Wem」と「STP315-24/Vem」の発売も予定している。同監視装置の製造及び、クラウドサービスの提供を行うのはコンテック(大阪市)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.