> > 東大のスマートハウス、HEMS・スマートメーター間(Bルート)の実験が可能に

東大のスマートハウス、HEMS・スマートメーター間(Bルート)の実験が可能に

 印刷 記事を保存

東京大学生産技術研究所(東京都目黒区)は、同大駒場Ⅱキャンパス内の実験住宅「COMMAハウス」について、さらなる実験環境の向上を図るため一部設備を改修、新設した。同ハウス屋内に取り付けてある実験用スマートメーターBルート(スマートメーターと、HEMSやスマート家電など宅内機器間の通信回線)も新たに開通させ、使用実験も可能となった。

Bルートは、電気使用量や、現在の使用電流値をユーザが読み取ることができる仕組みで、今後豊富なアプリケーション創出が期待されている。同ハウスにおけるBルート使用実験環境は、(イ)物理層(920MHz特定小電力無線)も含めたBルート使用実験、(ロ)Web APIを経由したBルート使用実験。

具体的に読み出せるデータは以下の通り。

(※全文:870文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.