青森市のESCO事業による防犯灯LED化事業、青森銀行から資金調達

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

青森銀行は、青森市によるESCO事業を活用した防犯灯LED化事業において、ESCO事業を実施する協同組合青森市防犯灯修繕連絡協議会(青森県青森市)に対し、資金供給を実施したと発表した。

本事業は、青森市が管理する蛍光灯式防犯灯約28,600灯について、ESCO事業者である協同組合青森市防犯灯修繕連絡協議会(青森県青森市)がESCO契約に基づき、LED化事業を実施するもの。同協議会は、10W以下のLED式防犯灯への取替え工事、維持管理業務および省エネルギー量の検証業務等を行い、10年間にわたる契約期間中において、その省エネルギー効果を青森市に対し保証して事業を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事