> > 日産とファミリーマート、急速充電器の設置拡大キャンペーンを共同実施

日産とファミリーマート、急速充電器の設置拡大キャンペーンを共同実施

記事を保存
日産とファミリーマート、急速充電器の設置拡大キャンペーンを共同実施

日産自動車は、ファミリーマートと共同で、急速充電器設置の拡大を記念したタイアップ企画「ファミマdeチャージキャンペーン」を3月14日まで全国のファミリーマート店舗約11,300店で実施する。

同キャンペーンでは、100%電気自動車(EV)日産リーフのプレゼントや同車が劇中に登場する「劇場版ウルトラマンギンガS」の公開を記念した限定グッズのプレゼントなどを実施する。

ファミリーマートは、地域と一体となって低炭素化社会の実現に貢献することを目的に、2012年10月から急速充電器の設置促進を開始しており、今年1月末時点で全国464店舗で急速充電器を設置、サービスを提供している。今後3月末までに設置店を約650店舗まで拡大する見込み。これにより充電中の休憩や買い物など、EVユーザーにとって利便性が向上することが期待されている。

日産は、トヨタ、ホンダ、三菱自動車の3社と共同で、政府の大型の充電器設置補助金を背景に2013年夏よりEV・PHEVの普及に向け、充電器の設置促進活動を行っている。昨年5月には、上記メーカーと日本政策投資銀行を加えた5社共同で、充電インフラの整備促進と会員制充電サービスの提供を行う合同会社「日本充電サービス(NCS)」を設立した。全国の急速充電器数(総設置数)は、2014年10月の約2,300基から2015年度上期には6,000基以上と大幅に拡充する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.