> > オムロンも住宅向け「太陽光発電用パワコン+蓄電池」を新発売 軽量で長寿命

オムロンも住宅向け「太陽光発電用パワコン+蓄電池」を新発売 軽量で長寿命

記事を保存
オムロンも住宅向け「太陽光発電用パワコン+蓄電池」を新発売 軽量で長寿命

オムロンは今春、世界最小・最軽量クラスと長寿命の両立を実現した太陽光発電用ハイブリッド蓄電システム「KP48S-PKG64」を発売する。

同システムは、「蓄電池ユニット」と「ハイブリッドパワコン」、「DC/DCコンバータ」、「計測・操作ユニット」からなり、主に戸建住宅向けの製品だ。「蓄電池ユニット」は6.4kWhの大容量で軽量化(約60kg)と長寿命化(約8,000サイクル)を、「ハイブリッドパワコン」は容量4.8kWで、1台で太陽光発電と蓄電池の両方に対応し、軽量化(約25kg)と発電電力のロスの最小化を実現したのが特長。

従来のBCP(事業継続計画)対策に加え、2009年にスタートした住宅用余剰買取制度の買取期間(10年)の終了時期にあたる2019年以降のリプレース需要にも対応する。販売目標は3年間累計で3万セット。

なお、同システムは、2月25日~28日に東京ビッグサイトで行われる「スマートグリッドEXPO」で展示される。主な特長は以下の通り。

【1】世界最小最軽量クラスのリチウム蓄電ユニット

  1. 家庭用空気清浄器並の小型化を実現。6.4kWhの大容量ながら約60kgと軽量で人手で搬入できるため、クレーンなどでの大掛かりな搬入や基礎工事が不要となり、設置時の工数・工費を大きく削減できる。
  2. 充放電寿命は約8,000サイクルで、10年以上の安心活用が見込める。
  3. 割安な夜間電力をためて朝・夕など効率的に使用し、昼間は太陽光で余った電力を売電する経済性重視の「経済モード」、不測の事態に備えるため、常に50%以上の充電をキープする「安心モード」、停電計画などに備えるため常に満充電状態になるよう充電を優先する「強制充電モード」などがあり、ユーザーの利用シーンに合わせた運転モードが選択できる。

【2】1台2役の最軽量ハイブリッドパワコン

  1. 従来の蓄電システムには蓄電池専用のパワコンが搭載されており、太陽光と併設したい場合、新たに太陽光用のパワコンを併設する必要があったが、ハイブリッドパワコンはその機能を一台に集約し、発電した太陽光の電力を直流のまま貯めるので、少ないロスで充電できる。
  2. ハイブリッドパワコン本体は約25kg、蓄電池接続用のDC/DCコンバータは約13.5kgと軽量化を実現。また、同社従来機種の仕様を踏襲し壁掛け設置としたため、基礎工事が不要で設置時の工数・工費を削減できる。
  3. 電力系統の電圧が上昇すると、売電量を抑制しなければならないことがあるが、この電力も無駄なく直流のまま充電可能。また、パワコン出力容量に対して、太陽光の発電容量が超えた場合も余った電力を充電でき、効率的に電力を活用できる。
システム構成・設置例(パワコンは屋外・蓄電池は屋内設置)

システム構成・設置例(パワコンは屋外・蓄電池は屋内設置)

その他、2015年度SII補助金制度に申請予定でコストダウンにも貢献。また、省令改正における出力制御にも対応予定で、制御された電力も無駄なく充電する。さらに、同社のパワコンは全機種に独自の多数台連系時単独運転防止技術「AICOT」を搭載しており、設置制限や工期課題なども解消する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.