> > 三菱EV・PHEVオーナー向け、NSC充電器の定額利用サービス開始

三菱EV・PHEVオーナー向け、NSC充電器の定額利用サービス開始

記事を保存

三菱自動車は、充電サービスなど各種サービスをパッケージにしたサポートプログラム「三菱自動車 電動車両サポート」サービスを4月1日から本格的に開始する。

同サービスは、三菱自動車販売会社、高速道路のSA/PA、コンビニエンスストア、道の駅、宿泊施設等に設置された合同会社日本充電サービス(NCS)の充電ネットワークをお得な料金で利用できる充電カードや、利用できる充電器を簡単に検索できる会員専用のスマートフォンアプリなど各種サービスをパッケージにしたもの。対象は、同社の電気自動車(EV)「MiEV(ミーブ)」シリーズとプラグインハイブリッド車(PHEV)「アウトランダーPHEV」の電動車両オーナー。

プランは、日常のほとんどを自宅で充電する人向けの「ベーシックプラン」(月額500円)、自宅以外で充電が多い人向けの「プレミアムプラン」(月額1,500円)、法人向けの「コーポレートプラン」(月額1,000円)は法人向けの3タイプ。

各プランとも、3月中に入会すると通常1,500円の入会金が無料になる。「プレミアムプラン」は、2015年12月まで毎月の無料充電分が500円から1,000円に増額となる。入会申し込みは3月1日からウェブサイトで受け付ける。

同サービスでは、トラブル時の「ロードサービス」、最大55%のレンタカー割引など「優待サービス」も提供する。今秋には、全国の充電器情報を集録したガイドブック型ロードマップ「お出かけブック」、カーナビゲーションの充電ポイント情報無償で更新する「カーナビ充電スポット更新サービス」、販売店における「駆動用バッテリー容量測定」などの提供も開始する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.