> > 宮城県の「スマート防災エコタウン」 PPSがマイクログリッドで電力供給体制

宮城県の「スマート防災エコタウン」 PPSがマイクログリッドで電力供給体制

記事を保存
宮城県の「スマート防災エコタウン」 PPSがマイクログリッドで電力供給体制

宮城県東松島市と積水ハウス(大阪府大阪市)は、同市において災害公営住宅と周辺の病院等を結ぶマイクログリッドにより電力供給する本格的スマートタウン「東松島スマート防災エコタウン」を実現する。

当タウンでは、災害公営住宅85戸(戸建住宅70戸、集合住宅15戸)と周辺の病院、公共施設等を結ぶ自営線によるマイクログリッドを構築し、太陽光発電470kWを持つ自営線特定規模電気事業者(自営線PPS)がCEMS(地域エネルギーマネジメントシステム)により最適制御しながら電力供給を行う。太陽光発電で年間256tの二酸化炭素排出を削減し、エリア内でのエネルギーの地産地消を実現する。不足する電力は、同市内にある低炭素型電源から既存電力網を利用して供給することで、地域全体の地産地消も可能。

「東松島スマート防災エコタウン」システム概要

エリア自体での発電のほか、地域電力網を通じて再生可能エネルギー電力を追加で取り込むことも可能だ

系統電力が遮断した場合にも、同タウン系統内の太陽光発電を蓄電池を用いて安定化させ、大型のバイオディーゼル発電機と組み合わせ3日間は通常の電力供給が可能。大震災のような長期の停電時にも、太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで病院や集会所などへの最低限の電力供給を継続できる。病院などの災害活動の拠点施設の電力供給を維持し、地域の災害対応力と防災力向上に寄与する。

非常時のレベル別給電イメージ

停電の期間により、段階を踏んだ非常時の電力供給の形を取ることもできる

災害公営住宅は同市柳の目北地区にあり、8月入居を目指して整備が進められている。なお、当タウンは戸建住宅を含め、敷地を超えてエネルギー相互融通を行う日本初のスマートグリッド。

東松島市は、「復興まちづくり計画リーディングプロジェクト」において、分散型地域エネルギー自立都市を掲げており、2011年には「環境未来都市」に選定された。この事業は、復興まちづくり計画、環境未来都市構想の一環として、環境省の「自立・分散型低炭素エネルギー社会構築推進事業」の補助金を受けた事業で、エネルギーの地産地消・防災力向上の先導的な取り組みであり、「環境未来都市 東松島モデル」としての展開が期待される。

積水ハウスでは、環境配慮型住宅「グリーンファースト」や、これらが集まったまち「スマートコモンシティ」などの取り組みを推進している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.