> > 神奈川県、2020年度に燃料電池車5000台 水素ステーションは25カ所が目標

神奈川県、2020年度に燃料電池車5000台 水素ステーションは25カ所が目標

 印刷 記事を保存

神奈川県は、「水素社会」の実現に向け、燃料電池車や水素ステーション、家庭用燃料電池(エネファーム)について、2020年度および2025年度までの普及目標や取組みの方向性を示す「神奈川の水素社会実現ロードマップ」を策定し発表した。

2020年度までに燃料電池車は5,000台の普及を、また、水素ステーションは神奈川県内で10分程度又は15分程度で配置できるように25カ所の設置を目指す。家庭用燃料電池(エネファーム)は、2020年度までに、2013年度(1万380万台)比で約10倍となる10万3,000台の普及を目標に掲げる。

燃料電池車は様々な支援策で導入を促進

燃料電池車の累計普及台数の目標は、2020年度が5,000台、2025年度が2万台から10万台。民間主体の取組みでは、燃料電池車の販売価格の低下や、バスやタクシー等に拡大するために耐久性や燃費性能などの基本性能の向上を図る技術開発を推進する。

行政主体の取組みでは、国の補助制度等と連携する形で、新たに購入費に対する補助や自動車税の減免などの導入支援策をはじめ、バスやタクシー等への導入促進に向けた支援策を検討する。新たに2016年度に市販が予定されている燃料電池バスを公営バスへ率先導入していく予定だ。また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会等で選手や来場者、観光客等の輸送手段として、燃料電池自動車を積極的に活用することを検討する。

水素ステーションは10分または15分で行けるように配置

水素ステーションは、2020年度までに25カ所(移動式水素ステーション含む)、整備する。

(※全文:1,334文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.