> > 太陽光発電、設備認定の失効期限が180日→270日に延長

太陽光発電、設備認定の失効期限が180日→270日に延長

 印刷 記事を保存

経済産業省資源エネルギー庁は、固定価格買取制度(FIT)において、50kW以上の太陽光発電設備について、4月1日以降の認定から、認定日の翌日から起算して270日後の日までに、場所及び設備が確保されていない場合は認定が失効するという新ルールを適用する。

ただし、電力会社による接続契約に要する期間が、180日を超えた事実がある場合は、期限を認定日の翌日から起算して360日後の日まで、また、270日を超えた事実がある場合は、期限を認定日の翌日から起算して450日後の日まで延長する。

(※全文:1,452文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.