> > 東京メトロ、野菜をつくる 高架下スペースの植物工場で無農薬栽培

東京メトロ、野菜をつくる 高架下スペースの植物工場で無農薬栽培

記事を保存
東京メトロ、野菜をつくる 高架下スペースの植物工場で無農薬栽培

東京メトロ(東京都台東区)と、同社グループのメトロ開発(東京都中央区)は、共同運営している完全人工光型植物工場(東西線西葛西~葛西の高架下)で栽培した野菜のブランド「とうきょうサラダ」を東西線沿線の飲食店を中心に販売する。

「とうきょうサラダ」は、農薬や土、虫が付着しておらず、袋を開けたら洗わずにそのまま食べることができる葉物野菜。今年1月に栽培を開始し、特定の品種については安定した栽培が可能となり、収穫した野菜の安全性を確認できたことから販売を開始した。栽培品種はフリルレタス、サンチュ、ロメイン、バジルと、レッドマスタード・チコリー・ロロロッサ・エンダイブなどベビーリーフ。

栽培品種(例)※写真はイメージ

栽培品種(例)※写真はイメージ

「とうきょうサラダ」の特徴は、以下のとおり。

安心・安全

農薬を使用していないため、安心して食べることができる。

おいしく・食べやすい

えぐみやアクが少ないため、野菜が苦手な人もおいしく食べられる。

品質・供給が安定

季節や気候の影響を受けないため、1年中安定した品質で提供できる。

調理が簡単

人工光を利用した水耕栽培のため、調理の際に虫や土を取り除く必要がない。

廃棄ロスが少量

菌の侵入を制限した環境下で栽培することから、雑菌による野菜の傷みが少なく長期保存が可能。外側の葉までキレイに使用できるため、廃棄ロスを少量に抑えることができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.