> > 「動脈のような大容量の電力網、スーパーリンクが必要」 JPEAがビジョンを提示

「動脈のような大容量の電力網、スーパーリンクが必要」 JPEAがビジョンを提示

 印刷 記事を保存

太陽光発電協会(JPEA)は、2030年までの太陽光発電産業の進むべき道やその姿を示した、太陽光発電産業ビジョン「JPEA PV OUTLOOK 2030 2030年に向けた確かな歩み」をホームページで公開した。サブタイトルは「スマートカントリー日本を目指して」。

この中で、太陽光発電は固定価格買取制度(FIT)が実効的である間にコストダウンを図り、「ポストFIT」では自立したエネルギー産業を目指さなければならないとし、2030年に向けての第3段階(2020年代~2030年)では、FIT制度下でほぼ償却が終わったシステムが相当量系統に接続され電力を供給し、極端に言えば「発電原価ほぼゼロ円電気」が市場にあるとした。

(※全文:1,050文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.