大分県佐伯市の農山漁村再エネプロジェクト、中止 エナリスの会計処理問題で

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

エナリス(東京都千代田区)は22日、大分県佐伯市との提携により予定していた森林未使用材バイオマス発電事業を軸とした再生可能エネルギー事業を中止すると発表した。同社は、2014年7月に本事業の概要を発表したが、その後不適切な会計処理が発覚。その訂正に伴う影響により、経営的・財政的環境が変化したため、本事業を中止することとした。

同社は、本事業において、「地域の一次産業と再生可能エネルギー事業のバリューチェーン」をコンセプトに、森林組合(林業)のほか、漁業や農業従事者とも協力して発電以外の派生事業も手掛けることで、新しい形の再生可能エネルギー事業の展開を計画していた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事