> > 神奈川県のメガソーラー誘致計画、5カ所目が稼働 東京都のファンド案件

神奈川県のメガソーラー誘致計画、5カ所目が稼働 東京都のファンド案件

記事を保存
神奈川県のメガソーラー誘致計画、5カ所目が稼働 東京都のファンド案件

4月27日から、神奈川県足柄上郡の「SEGT中井メガソーラー発電所」が完成し稼働する。この太陽光発電所は神奈川県、中井町、神奈川県住宅供給公社、スパークス・グリーン&テクノロジーの4者が、2014年5月に基本協定を締結し進めてきた事業によるもの。

同発電所は、同県が基礎調査を実施し、メガソーラー等の誘致を行ってきた12か所の候補地のうち、5か所目の運転開始施設で、足柄上郡中井町南部地区において整備が進められてきた。10MWの出力は県内で3番目の規模で、一般家庭約2,870世帯分の年間電力使用量を発電する。敷地面積は約20ヘクタール、太陽電池39,216枚が設置されている。同発電所で発電された電力は、東京電力に売電される。

また、敷地内の高台には、施設全体と富士山や相模湾が見渡せる展望施設「太陽の公園」が設けられ、一般に公開され、環境教育の場としても活用される予定だ。敷地に隣接して設置したトイレには、災害時の非常用電源として太陽光発電設備(2kW)および蓄電池(500Wh)が設置され、地域の防災対策に配慮する。

完成日に行われる竣工式には、黒岩神奈川県知事、杉山中井町長ら関係者が参列する。

総事業費は約40億円。同事業は、東京都が進める官民連携インフラファンド事業において、スパークス・アセット・マネジメント及びIDIインフラストラクチャーズが運営するファンド(投資事業有限責任組合)の融資を受けている案件だ。なお、同事業は同県が推進する「かながわスマートエネルギー構想」の一環として実施された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.