> > 再エネの余剰電力を活用できる水素製造システム 日立造船が九大に納入

再エネの余剰電力を活用できる水素製造システム 日立造船が九大に納入

記事を保存
再エネの余剰電力を活用できる水素製造システム 日立造船が九大に納入

Hitz日立造船(大阪府大阪市)は、九州大学が実施する「スマート燃料電池社会実証」の中核的役割を果たす、再生可能エネルギー利用による水素ステーション向け水素製造システム「ハイドロスプリング」を納入した。

本件は、日立造船と大陽日酸(東京都品川区)、九電みらいエナジー(福岡県福岡市)が共同受注したもの。3社は、本事業で使用される水素製造システム一式の設計から製造・設置・試運転までを請け負い、日立造船は水素製造装置の設計と製造を担当した。

本事業は、「グリーンアジア国際戦略総合特区」において、燃料電池を核とした水素社会実現を加速させるため、次世代燃料電池として期待される固体酸化物形燃料電池(SOFC)や、水素を活用した太陽光風力など再生可能エネルギーの利用に向けた社会実証を行うもの。九州大の伊都キャンパス内 水素ステーションを実証フィールドとして、水素の利活用に向けた実証実験のなかで、水素ステ-ションを活用して以下の研究を行う。

  1. 太陽光や風力などの不安定な発電形態で得られた再生可能エネルギーによって水素製造システムを運転し、得られた水素を貯蔵することによりエネルギー供給の平準化を行う。
  2. 再生可能エネルギーによる電力で製造した水素を燃料電池自動車に供給するステーションの運用試験を行う。

本システム(固体高分子型、1Nm3/h)で製造された水素は、九州大の水素ステーションに供給されるが、再生可能エネルギーの貯蔵・利用を目指したシステムとしては日本初のケース。

天候などに左右されやすい再生可能エネルギーは、出力調整ができず需給バランスが取れないため、余剰電力が増大する可能性があり、電力系統での吸収が困難となる。再生可能エネルギーの導入率を上げるにあたっては余剰電力の活用が課題であり、余剰電力を燃料の形(水素)で貯蔵することで、需給バランスの均衡を保つ技術が注目されている。

日立造船は、2005年に自社研究の一環で三重大学農場において同水素製造装置と風力発電との連携試験を実施していたが、実用的な用途を目的とする装置としては今回が初納入となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.