> > 滋賀県、2017年度も木質バイオマスボイラーや薪ストーブに補助金

滋賀県、2017年度も木質バイオマスボイラーや薪ストーブに補助金

 印刷 記事を保存
滋賀県、2017年度も木質バイオマスボイラーや薪ストーブに補助金

滋賀県は4月17日、未利用材等の木質バイオマスの地産地消を推進するため、薪ストーブ、ペレットストーブ等の木質バイオマス燃焼機器を設置する事業者・個人に対して補助金を交付する、平成29年度木質バイオマス利活用促進事業の概要を公表した。

本事業は、一般の製材に適さない小径木や曲がり材などの低質材を無駄なく利用し、木材およびエネルギーの地産地消を推進するとともに木材産業を活性化することを目的とするもの。

補助の対象は、県内に居住する個人や事業所を有する事業者。なお、事業者については、中小企業基本法に基づく従業員の数が20人以下(卸売業・サービス業・小売業を主たる事業として営む者については5人以下)の小規模企業者とする。木質バイオマス燃焼機器を設置する建物・施設が補助事業者の所有物でない場合は、設備設置について所有者の承諾を受けていること。

補助金交付の対象となる燃焼機器は、薪ストーブ、ペレットストーブ、木質バイオマスボイラー。ただし、滋賀県内において新たに設置するもので、かつ未使用品(中古品は対象外)であること。

補助対象経費は、燃焼機器(付属機器を含む)の購入と設置に要する費用。補助率は、1台につき1/6以内(1,000円未満の端数は切り捨て)で、上限額は5万円。

補助金の交付申請期間は、2018年2月28日(水)まで。期間内であっても予算の総額に達し次第募集は締め切る。

申請回数は、1申請者について同一年度内に1回まで(補助対象者の住宅、事業所および農業施設のいずれか同一年度内に1台まで)。補助金交付申請書は、燃焼機器を設置する場所を所管する森林整備事務所・支所に提出する。

その到着日順に週毎に受け付け、その内容を審査し、適正と認められたときは交付決定を行い申請者に通知する。予算の総額を超えた週の交付申請については、県による厳正な抽選により補助事業者を決定する。

なお、本事業は2015年度、2016年度にも実施されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.