> > 取材速報(2):デンマーク最大規模の廃棄物利用バイオガスプラント

取材速報(2):デンマーク最大規模の廃棄物利用バイオガスプラント

記事を保存

前回に引き続き、欧州で取材中の編集部員から届いた写真をニュース記事としてレポートいたします。今回はデンマークでも最大規模のバイオガスプラント、Lemvig Biogasplantの写真をお届けします。詳細は後日、「週刊 環境ビジネスオンライン(※プレミアム会員向け)」にて公開する予定です。

Lemvig Biogasplant視察。デンマークでは最大規模のバイオガスプラント。

Lemvig Biogasplant視察。
デンマークでは最大規模のバイオガスプラント。

廃棄物の受け入れヤード。投入ピットがある建屋全体が臭気対策のため負圧になっている。

廃棄物の受け入れヤード。
投入ピットがある建屋全体が臭気対策のため負圧になっている。

コントロールルームにて、プラント全体の運転状況が一目瞭然。非常に合理的なシステムで、プラント運転の為の人員は3名。

コントロールルームにて、プラント全体の運転状況が一目瞭然。
非常に合理的なシステムで、プラント運転の為の人員は3名。

敷地内には余分に発生したガスや、万が一ガスやエネルギー供給を止めなければならない場合のガス燃焼設備を備えている。

敷地内には余分に発生したガスや、万が一ガスやエネルギー供給を止めなければならない場合のガス燃焼設備を備えている。

発生したメタンガスを貯めておくガスホルダー。敷地下は歩きにくい岩が敷かれており、動物除けだとのこと。

発生したメタンガスを貯めておくガスホルダー。
敷地下は歩きにくい岩が敷かれており、動物除けだとのこと。

ガスホルダー内部。二重構造で、内側のホルダーにガスがたまり膨らんでいく様子が確認できる。

ガスホルダー内部。
二重構造で、内側のホルダーにガスがたまり膨らんでいく様子が確認できる。

ガスエンジンの冷却から得られる余剰熱を熱交換し、年間約18万kWhの熱エネルギーが発生。Lemvig市の地域暖房に利用されている。

ガスエンジンの冷却から得られる余剰熱を熱交換し、年間約18万kWhの熱エネルギーが発生。
Lemvig市の地域暖房に利用されている。

GE Jenbacher社製ガスエンジン。こちらのプラントではほかにもCaterpillar社製エンジンも使用されていました。

GE Jenbacher社製ガスエンジン。
こちらのプラントではほかにもCaterpillar社製エンジンも使用されていました。

消化液(液体肥料)を33立方メートルのタンクローリーで搬出。運搬効率を考え、廃棄物を搬入した空タンクに液肥を充填し農家に運搬している。

消化液(液体肥料)を33立方メートルのタンクローリーで搬出。
運搬効率を考え、廃棄物を搬入した空タンクに液肥を充填し農家に運搬している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.