> > 住友電工、新型の家庭用蓄電池を発売 2.9kWhで95万円(希望小売価格)

住友電工、新型の家庭用蓄電池を発売 2.9kWhで95万円(希望小売価格)

 印刷 記事を保存

住友電工(大阪府)は、同社が2月に開発した、停電時に太陽光発電システムの自立出力と連携できる機能を備えた家庭用蓄電池「POWER DEPO®II」の発売を開始したと発表した。

本製品は、独自の電力変換技術により、充放電に伴うエネルギー損失を従来方式と比べて半減し、エネルギー効率を従来比で20%向上。同社従来製品と比較し、コンパクト化・軽量化、低価格化も実現した。

本製品は、経済産業省の平成26年度補正予算「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」の補助対象機器として登録申請中。

(※全文:1,017文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.