> > 取材速報(7):「Intersolar Europe」レポート グリッドパリティ前提のビジネスモデル

取材速報(7):「Intersolar Europe」レポート グリッドパリティ前提のビジネスモデル

 印刷 記事を保存

すでに、ドイツの電力市場では、再生可能エネルギーによる発電コストが既存の電力コストより安価となる「グリッドパリティ」を達成している。当然、「グリッドパリティ」を前提とした製品・サービス開発が行われている。

VIESSMANN社では、太陽光発電システムで発電した電気を、自家のヒートポンプ(暖房)や照明、家電の電源として、電力販売するよりも優先的に使うシステムを販売している。オプションで蓄電池に太陽光で発電した電気を貯めておいて、完全なオフグリッドで使用することもできる。これは、系統電源を使うよりも太陽光で発電した電気を自家使用した方が安上がりであること、つまり「グリッドパリティ」が前提となった製品である。

(※全文:844文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.