> > CO2排出を増やさずに世界経済が成長 REN21の年次報告書、日本語版公開

CO2排出を増やさずに世界経済が成長 REN21の年次報告書、日本語版公開

 印刷 記事を保存

REN21(本部:フランス パリ)は、年次報告書「自然エネルギー世界白書2015」を公表した。これによると、2014年は風力発電太陽光発電の年間導入量が過去最大となった。日本の太陽光発電市場は世界2位で、自然エネルギーへの投資額は世界3位を堅持している。

また近年のエネルギー消費量の世界平均増加率は年率1.5%であり、GDP(国内総生産)は平均3%の成長であったが、2014年の二酸化炭素(CO2)排出量は2013年の水準から変わらなかった。CO2排出量の増加を伴わずに世界経済が成長したのは、過去40年間で初めてのことである。

こうした経済成長とCO2排出量増大の「デカップリング」(切り離し)は画期的なことで、中国での自然エネルギー利用の急拡大と、OECD諸国がエネルギー効率化と自然エネルギーの利用拡大を同時に進める持続可能な成長を進めていることが主な要因であると分析する。

アルソロス・ゼルボス(Arthouros Zervos)REN21議長は、本年次報告書の公表に際して、「自然エネルギーとさらなるエネルギー効率化は、地球温暖化を摂氏2度以内に抑制し、危険な気候変動を避けるための鍵である」と述べている。

本年次報告書の概要等は以下のとおり。

(※全文:2,868文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.