> > 人工光型植物工場の農業ベンチャーみらい、倒産

人工光型植物工場の農業ベンチャーみらい、倒産

記事を保存

帝国データバンクは、農業ベンチャー企業・みらい(東京都中央区)が6月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請したと速報を発表した。負債は約10億9200万円。

2004年9月に設立された同社は、人工光型の野菜栽培技術を導入した植物工場の設計・販売および工場の運営を通じた野菜の生産・販売を手がけていた。同工場では、天候に左右されず無農薬で栄養価が高い野菜を栽培できる。大学内(千葉大学)にも工場を持つことで各種データも公開。信頼性が高い点を強みに業容を拡大し、2015年3月期には年売上高約10億円をあげていた。

しかし、業容拡大を見越して2014年中に2工場を増設したが、野菜生産が当初予定したように安定せず、売り上げが想定を下回ったことで、大幅な営業赤字を計上。一方で設備投資資金などの返済期限が迫り、6月末に迫った決済資金の支払目処が立たないことから、自力での再建を断念した。

今後は直ちにフィナンシャルアドバイザーを選任したうえでスポンサーの募集を開始し、9月末を目処にスポンサーに対して計画外事業譲渡をする予定。

同社は、13都道府県25カ所以上に植物工場を導入するほか、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事業により「LED照明による人工光型植物工場」を導入するなど、被災地への取り組みも行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.