> > 新たな中・小水力発電施設6件に補助金 申請分すべてに交付

新たな中・小水力発電施設6件に補助金 申請分すべてに交付

記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、平成27年度「中小水力・地熱発電開発費等補助金(中小水力発電開発事業)」の補助金交付先6件を決定した。

同事業は、中小水力発電の初期発電原価を引き下げることで開発の促進を図り、再生可能エネルギーの開発・導入に資することを目的として、中小水力発電施設の設置、または、その設置に係る新技術の導入などに対して補助金を交付するもの。公募期間中に申請があった6件について審査を行い、全てを補助金交付先とすることとした。

中小水力発電開発事業補助金交付先は以下のとおり。

成瀬(なるせ)発電所建設事業

事業者

秋田県

事業の概要

所在地は秋田県雄勝郡東成瀬村。最大出力は3,900kW。成瀬ダム建設事業の一環として、成瀬ダム右岸から最大毎秒4.8立方メートルの取水を行うダム式発電所建設事業。

平瀬(ひらせ)発電所建設事業

事業者

山口県企業局

事業の概要

所在地は山口県岩国市。最大出力は1,100kW。山口県が実施する錦川総合開発事業の一環として、平瀬ダムから最大毎秒4.0立方メートルの取水を行うダム式発電所建設事業。

新甲佐(しんこうさ)発電所建設事業

事業者

九州電力(福岡県福岡市)

事業の概要

所在地は熊本県上益城郡甲佐町。最大出力は7,200kW。甲佐発電所の再開発により、最大毎秒35.0立方メートルの取水を行う水路式発電所建設事業。

新桂沢(しんかつらざわ)発電所建設事業

事業者

電源開発(東京都中央区)

事業の概要

所在地は北海道三笠市。最大出力は16,800kW。幾春別川総合開発事業の一環として、新桂沢ダム左岸から最大毎秒23.5立方メートルの取水を行うダム水路式発電所建設事業。

津軽発電所建設事業

事業者

東北電力(宮城県仙台市)

事業の概要

所在地は青森県中津軽郡西目屋村。最大出力は8,500kW。津軽ダム建設事業の一環として、津軽ダム右岸から最大毎秒15.0立方メートルの取水を行うダム式発電所建設事業

サンル発電所建設事業

事業者

ほくでんエコエナジー(札幌市中央区)

事業の概要

所在地は北海道上川郡。最大出力1,100kW。天塩川総合開発事業の一環として、サンルダム右岸から最大毎秒5.9立方メートルの取水を行うダム式発電所建設事業


補助率は、「水力発電施設の設置等事業」の場合、10~20%(特例で10%割増有)、「水力発電施設の設置等に係る新技術の導入事業」の場合、最大で新技術導入補助対象部分の50%。また、近年、台風などによる異常出水により水力発電施設の損壊が生じているが、こういった事業者などの責に帰することができない損壊の復旧に伴って水車・発電機等の改造を行い、出力が増加する場合についても、本補助金交付の対象としている。

安定的かつ適切なエネルギーの需給構造の構築を図るため、環境負荷の小さい純国産エネルギーである水力の開発を積極的に推進していく必要があるが、中小水力発電は開発地点の小規模化・奥地化に伴い建設単価が増大し、発電原価が割高になるなどの課題がある。

【参考】
NEPC - 平成27年度中小水力・地熱発電開発費等補助金に係る交付先決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.