> > 岐阜県にもダムの維持流量を利用した小水力発電所

岐阜県にもダムの維持流量を利用した小水力発電所

記事を保存
岐阜県にもダムの維持流量を利用した小水力発電所

岐阜県は7月7日、県が管理する「阿多岐(あたぎ)ダム」の直下に新設した河川維持流量を利用する「阿多岐水力発電所」(岐阜県郡上市白鳥町)の運転を開始した。

同発電所は、岐阜県初の県営ダムの放流水を活用した小水力発電所。発電方式はダム式(維持流量)。最大使用水量は毎秒0.7立法メートル。有効落差は37.7m。最大出力は190kW。年間可能発電電力量は130万kWh(一般家庭の約360世帯分に相当)。CO2削減効果は年間約700トン。阿多岐ダムの堤高は71.4m。堤頂長は200m。総貯水容量2,550千立方メートル。

阿多岐水力発電所 近景

阿多岐水力発電所 近景

施行主体は中部電力(愛知県名古屋市)。同社は2014年5月から建設工事を行ってきた。なお、同発電所は、同社が岐阜県の管理するダムにおいて初めて開発した水力発電所。

岐阜県は、再生可能エネルギー活用の一環として、「清流の国ぎふ」ならではの強みを生かした小水力発電の導入に取り組んでいる。

【参考】
岐阜県 - ダム放流水を活用した阿多岐水力発電所の完工式開催

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.